MENUopen


HOME > AC BOOKS > 書籍一覧 > オールアバウト ペネロペ・クルス

オールアバウト ペネロペ・クルス

著作:ブランドン・ハースト

訳者:奥  めぐみ

判型:四六判

発行日:2010年03月12日

ISBN:978-4904249154

価格 : 1,500円(+税)

購入はこちら

STORY

スペインの魅惑的な美女、ペネロペ・クルスのすべて!

 
スペインからハリウッドに渡り、2009年に『それでも恋するバルセロナ』でスペイン人女性初のアカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。
スペインでの幼少時代やアメリカでの下積み時代、アルモドバルとの出会いや演技への熱意、チャリティーや恋愛・結婚、美しさへの思いをまとめた初のライトバイオグラフィー。秘蔵カラーフォト16頁。

ペネロペ・クルスプロフィール

Penelope Cruz Sanchez

1974年、スペインのアルコベンダス生まれ。スペイン国立芸術学校でクラシック・バレエを10年間、スペイン舞踊とジャズダンスを3年間学び、92年に『ハモン・ハモン』で映画デビュー。98年、ペドロ・アルモドバル監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』で国際的に高い評価を得、ハリウッドに進出。2006年、同監督の『ボルベール〈帰郷〉』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞、09年にはウディ・アレン監督による『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー賞最優秀助演女優賞に輝く。2010年の公開作品は『抱擁のかけら』『NINE』『スパイアニマル・Gフォース』(声の出演)など。

このページの先頭へ戻る